神戸市中央区の動物病院 ひらやま動物病院です。

ひらやま動物病院は神戸市中央区の犬・猫・ウサギをはじめとするペットのための動物病院です。

〒651-0062 兵庫県神戸市中央区坂口通4丁目2-21


TEL.
078-221-3711 専用駐車場2台有
院内設備

病院正面


病院のエントランスです。青い大きな看板が目印です。
駐車場もございますので、お車でお越しの方は受付でおっしゃって
ください。スタッフが誘導します。


受付

受付では診察券をお出しください。
初めての方は受付で問診票をご記入ください。患者さんの状態を把握させていただきます

もし容体が悪く緊急の場合は、すぐに受付にお申し付けください。




待合室

待合室は外の光をたくさん取り入れる形になっています。順番にお呼びしますのでお掛けになってお待ちください。イヌは必ずリードをおつけくださるようお願いします。
ネコをお連れの方は診察室に入るまでキャリーから出さないようご注意ください。怖がりのネコは洗濯ネットに入れてからキャリーで来院されますようお願いします。
トイレもございますのでご自由にお使いください。




第一診察室

第一診察室です。ほとんどの診察や処置はここで行います。
椅子にお掛けになって詳しくお話を聞かせてください。




第二診察室

第二診察室です。レントゲン室を兼ねており、壁が防音になっていますので静かで落ち着いた雰囲気です。
繊細な子でも落ち着いて診察が受けれるようになっています。
レントゲン撮影時にはスタッフが付き添いますので、飼い主様は待合室でお待ちください。


レントゲンの撮影後にはコンピューターによって速やかに画面に映像として見ることが可能です。病変部の拡大・縮小、明るさや色調の変更が可能なため、より詳しく病変部を確認することができます。


超音波検査装置です。心臓や肝臓など体の内部の臓器を詳しく調べることができます。臓器の形や大きさ、数などを確認するのはレントゲン検査の方が優れており、この両者を組み合わせることで診断精度はより高くなります。


検査室

検査室です。主に血液検査をおこなうため機械が設置されています。血液の異常を調べることで、言葉をしゃべれない患者さんに代わって体の異常を探します。



手術室

手術室です。
完全個室で空調も手術室用に独立して用意してあるため、清潔で静かな環境で集中して手術を行うことができます。


手術をするために全身麻酔をおこないます。心電図・血圧・体温・呼吸・麻酔ガス濃度などを生体モニターによって慎重に管理し全身麻酔をおこないます。


処置室

処置台は皮膚病の管理のためのシャンプーの他、外傷の洗浄処置などもおこないます。
また、場合によっては熱中症の患者さんの体を水で冷やすための場所としても使われます。




入院室

入院室には空調が独立して設置されているため、暑すぎたり寒すぎたりしないように温度管理がなされています。
また、窓が設置されており、診察中でも常に患者さんを見守ることができます。入院中の患者さんに異常があれば、速やかに対処できる造りになっています。