神戸市中央区の動物病院 ひらやま動物病院です。

ひらやま動物病院は神戸市中央区の犬・猫・ウサギをはじめとするペットのための動物病院です。

〒651-0062 兵庫県神戸市中央区坂口通4丁目2-21


TEL.
078-221-3711 専用駐車場2台有
12月

もうすぐクリスマスですね

病院内を少しクリスマス風に模様替えしてみましたが、いかがでしょうか?

kurisumasublog

(じつは、ほとんど皆様から頂いたもので大変好評です、ありがとうございます)

当院の看板猫、すずもいやいや帽子をかぶせられ参加です(笑)。

ここ数日急に寒さが増しましたね。

クリスマスが近づくのは楽しみですが、皆様体調にお気を付けください。

避妊手術

当院の看板猫すず。

先日避妊手術(卵巣子宮摘出術)を実施しました。

suzu4

術後2日目ですが、エリザベスカラーを嫌がりもせず、ごはんをねらって仁王立ち、元気やなぁ。

メスの猫の避妊手術は「繁殖を防ぐ」であったり「発情期の鳴き声やマーキングを防ぐ」というのも大きな目的ですが、現在では卵巣や子宮の病気(腫瘍や蓄膿症)をはじめとするいくつかの病気を予防することがわかっています。

とりわけ、犬も猫も乳腺腫瘍の発生は、避妊した時期に大きく影響を受けることが報告されています。そして、それらの研究は乳腺腫瘍の発生に性ホルモンの影響があることを意味しており、犬も猫も初めての発情の前に避妊手術をおこなうと、将来の乳腺腫瘍の発生率を下げることができることがわかっています。

いいことばっかり書いていますが、じつは注意しなければいけない事もあります。

「太りやすい体質になる」は代表的な避妊手術の影響で、オスもメスも手術後の体重は少し気をつけなくてはなりません。一度太ってしまうとダイエットは大変ですし、ヒトのメタボと同じく健康上好ましくない影響が出たりもします。

もし、避妊手術(オス・メスに関わらず)をお考えの場合は、ぜひ一度ご相談ください。

 

ちなみに、上の写真のすずは手術の影響でお腹がへっているのではなく、もとから食いしん坊です。太らないように注意しないと・・・。