神戸市中央区の動物病院 ひらやま動物病院です。

ひらやま動物病院は神戸市中央区の犬・猫・ウサギをはじめとするペットのための動物病院です。

〒651-0062 兵庫県神戸市中央区坂口通4丁目2-21


TEL.
078-221-3711 専用駐車場2台有
02月

チョコレートにご注意

みなさまへのおしらせ

2月13日午後から2月14日は当院は休診となります。

 

そういえば、2月14日って、世間ではバレンタインですよね。

私たち人間はチョコレートを美味しくいただくことができます。

しかし、犬や猫はチョコレートを食べてしまうことで、チョコレート中毒を発症してしまうことが知られています。

原因はチョコレートに含まれるメチルキサンチンの過剰摂取によるものです。

メチルキサンチンの過剰摂取による症状は様々で、消化器症状(嘔吐・下痢など)や循環器症状(頻脈・多呼吸など)、神経症状(筋肉のけいれんや発作)等が生じ、重度の場合は死にいたることもあります。

どのくらいの量を食べてしまったかによって、危険性は変わってくるのですが、チョコレートの種類によっても危険性は変わってきます。

少量でも危険性が高いのは、ずばり料理用チョコレート。メチルキサンチンの含有量が多いのです。

明日に向けて手作りチョコを作っているみなさま、チョコをペットに食べられないように気をつけてくださいね。

猫の炎症性腸疾患(IBD)

ちょっぴり緊張気味なニャンコちゃん。

もともと、下痢や嘔吐が数ヶ月続き、他院で一般的な治療を行っても改善が見られなかったため、当院に来院されました。

当院での基本的な下痢・嘔吐に対する検査の結果、どうやらただお腹を壊しているのではない様子。飼い主様と相談の上、内視鏡検査ができる病院をご紹介し、検査を実施しました。

検査の結果、この子の病気は炎症性腸疾患(IBD)という免疫の病気だとわかり、治療を開始したところ、下痢や嘔吐を改善させることができました。

IBDは一生涯治療が必要なことが多い病気です。そして診断のためには、いくつかの検査や治療を行わなければならないのですが、必ず組織検査を行う必要があり、全身麻酔下での内視鏡か開腹が必要になります。

この子も頑張って全身麻酔での検査に耐えてくれました。これからも治療を続ける必要はありますが、徐々にお薬の量を減らしていくことができています。

私「体調も体重も安定していますし、いつものお薬をお出しします。」

無事に診察を終えて、ほっと一息なところをパチリ。