神戸市中央区の動物病院 ひらやま動物病院です。

ひらやま動物病院は神戸市中央区の犬・猫・ウサギをはじめとするペットのための動物病院です。

〒651-0062 兵庫県神戸市中央区坂口通4丁目2-21


TEL.
078-221-3711 専用駐車場3台有
2018年

ありがとうございます

ちょっと見てください、このお菓子たち!!

なんと当院の名前が入っています。犬や猫の形をしたものまであります。

これは先日、当院におかかりのワンコちゃんの飼主様からお歳暮として頂いたものです。

もったいなくて食べられません。でも期限が短いから早く食べてねと飼主様(笑)。

ありがたく観賞しながらいただきました。

 

受付の飾りもクリスマスに向けてカッコよくバージョンアップ。

こちらも別の飼主様からの頂きものです。

応援してくださる皆様のご期待にお応えできるように、頑張ります。

ありがとうございました。

寒くなってきましたね

何だか急に寒くなってきましたね。

いろいろ動くのも億劫な季節になりました。

でも、これからの季節はこんな楽しみもあります。

休憩していると、我が家の猫たちが太ももの上に乗りに来てくれます。

でも、二匹はちょっと重いよ(笑)。

肛門周囲腺腫

診察中に気が付きました。

私「この子、肛門の近くにしこりがありますね。」

飼主さん「えっ?どこですか?」

私「ここです。」

皆さん、わかりますか?

線で囲った部分に丸いしこりが並んであります。

触るとコリコリしたやや硬めの感触。

腫瘍の可能性があったため、細い注射用の針を刺して細胞の検査をしました。

顕微鏡でみてみると・・・

独特な形の細胞が観察されました。この形は肛門周囲腺の細胞です。

肛門の周りには肛門周囲腺という油分を分泌する組織が発達しています。

これが腫瘍化すると肛門周囲腺腫や肛門周囲腺がんと呼ばれるものになります。

 

男性ホルモン(エストロジェン)の影響により発生することが知られていますので、去勢手術(精巣摘出)を行うと同時に、しこりの切除も行いました。

結果は肛門周囲腺腫(良性)。しっかり取りきれていましたので治療終了となります。

 

この腫瘍、去勢手術を行うことにより、発生を予防できることがあります。

大きく発達してしまうと、排便を邪魔したり、便がこびりつき不衛生になることで生活の質を下げるだけでなく、悪性(ガン)であれば他の臓器に転移し命を脅かします。

もし、おうちのワンコでみつけてしまったら、すぐに病院でご相談ください。

開院5周年

本日、7月15日で当院は開院5周年になります。

今思うと、5年なんて本当にあっという間ですね。そして、この5年間は皆様の温かい声援に支えられながら、動物たちの健康を見守ることができました。

人の5年は犬や猫の時間に直すと約20年に!!

開院当初からお世話させていただいてるワンコやにゃんこ達は約20歳年をとったことになります、びっくりですね。

患者様からお祝いのケーキを頂きました。

当院の看板ロゴがホワイトチョコに・・・、すごーい!

これからも、精一杯動物たちの健康を見守り続けていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。

みなさまに感謝

動物病院で診察をしていると、救急処置が必要な動物が来院することがあります。

 

昨日のお話です。

 

午後の診察が終りに近づいたころ、飼主さまが病院に飛び込んできました。

「うちの犬が散歩の途中で、急に倒れたんです!」

診察台に乗せると、かなりぐったりしてて立てません。意識はなんとか保っていそうですが、呼吸も浅く苦しそう、舌の色は真っ紫。

マスクで酸素吸入を行うと少し楽になった様子で、顔をあげてくれました。しかし、呼吸がしんどそうなのは変わりません。

胸のレントゲンや心臓の超音波検査、血液検査を行い、どのような状況かを調べました。

この子は急性心不全で全身の血液の流れが急激に悪くなり、さらに呼吸困難まで起こしている危険な状態と判明し、治療を開始することができました。

 

救急の場合はどうしても獣医師やスタッフは患者につきっきりになってしまいます。

これらの処置を行っている間、順番を代わっていただいたり、ワクチン接種を別の日に変更していただいた飼主さま、本当にありがとうございました。

みなさまのお心遣いに感謝いたします。